時計を売るなら知人に売る

自分が大切にしてきた時計を売るという時に、売る方法としては知人に売るという選択肢があります。

個人間の売買の場合、中間マージンがかからないこともあり、買う側は一般的に売られている価格よりも安く購入できますし、売る側も時計買取専門店等に売るよりも高く売れるというメリットがあります。そして、大切にしてきた愛着のある時計が知らない人の手に渡るというのも複雑な気持ちです。それが知人であれば、なんとなく良いのではないでしょうか。場合によっては、再び買い戻す、なんてことも出来るかもしれません。

ただ、知人に売ることのデメリットはあります。それはその時計が偽物だった場合です。自分が偽物と分からずに購入して持っていたとしても、それを知人に本物と同じ評価で売ってしまうと、それが後で偽物と分かったら大変です。場合によってはその時計がもとで知人との仲が悪くなってしまう、なんて事も考えられます。

また、素人同士の売買となると、どうしてもその時計の正しい相場で売買というわけにはいかないでしょう。相場がお互いわからないわけですから、先述のように時計買取専門店に売るよりも高く売れると思っていながらも、実際はかなり安く売ってしまった、なんてこともあるかもしれません。

そして、自分が大切にしてきた時計が売った後も見れるというのはいいことですが、それが仮に邪険に扱われていたら、逆に不快な思いになってしまうのではないでしょうか。