時計を売るなら質屋に持込み

時計を売る方法としては、質屋という選択肢もあります。正確に言えば質屋は時計買取をする店ではなく、あくまでその時計を担保にお金を借りるというようなもので、一定期間が過ぎれば質流れとなる仕組みです。そのため、最初から質流れさせるつもりで質屋を利用するという方法もあります。

質屋に売るメリットとしては、ある程度のブランド時計であれば買取相場もある程度知っている事が多いです。宝石鑑定などもするので、スーパーコピー品も見極める目を持っているところもあり、アルバイトが店員をしているリサイクルショップに比べれば、正確な時計の価値がわかることでしょう。

価格交渉もできる点もポイントでしょう。そして、大切な時計を手放したくないと悩んでいる人は、一定期間であれば取り戻すこともできます。これが普通の買取ならリユースされて売れてしまえば、もう思い出の時計は手元に戻ってくることはないでしょう。

ただ、デメリットとしてはあくまで売るわけではないので、価格は相場よりも低めになってしまいがちです。そして時計専門店やリサイクルショップのように、時計を買いに質屋に訪れるという事が少ないので、買い手が少ない、つまりそういう点からも買取額が低くなってしまいがちなのです。また、質屋によってはブランド時計の価値もわからないところもあります。

そのため、時計を少し手も高く売りたいという方は質屋では厳しいかもしれません。あくまで時計を手放したくないが、今すぐお金が必要という方にオススメです。